思考法・勉強法

30 継続こそは力なり

第30回「継続こそは力なり」

Hi,there!

新生活も始まって、結構忙しいんですけどブログ更新続いております。

30回は自分にとってひとつの区切りなので、継続することの意義について書きたいと思います。

継続こそは力なりって、そもそも誰の言葉?

ひよこ
ひよこ
そもそも誰が言い始めた言葉なの?

諸説ありますが、住岡夜晃(1893-1949)さんの詩の一節から来ているのではないかと思います。

住岡 夜晃 「讃嘆の詩(樹心社)」上巻より

青年よ強くなれ

牛のごとく、象のごとく、強くなれ

真に強いとは、一道を生きぬくことである

性格の弱さ悲しむなかれ

性格の強さ必ずしも誇るに足らず

「念願は人格を決定す 継続は力なり

真の強さは正しい念願を貫くにある

怒って腕力をふるうがごときは弱者の至れるものである

悪友の誘惑によって堕落するがごときは弱者の標本である

青年よ強くなれ 大きくなれ

住岡さんは、親鸞聖人を師匠として考え、生涯宗教活動を行なっていたようです。

若者に向けて、いろいろな言葉を考えたらしく、その詩集が欲しくなりました。

続けることが一番難しい

続けることが、結局一番難しいんじゃないかなって、自分は思います。

三日坊主って言葉があるぐらいですから。昔の人も同じように悩んでいたんでしょうね。

昔の人が続けられないことって何なんだろう…?とか思っちゃいました。

続かなくなるときはどういうときなのかと言うと、スケジュール的にどうしても1回やめちゃったときです。

今日は本当に無理!って思うことはあると思います。仕方ないと思います。

ただ、その次の日はモチベーションがかなり低下します。やらなくていいかっていう気持ちが出始めます。

2日やめる。すると3日目もやめたくなる。

そうしたらもうやらなくなる気がします。

できなかった次の日が、勝負です。

3日、30日、3ヶ月の法則

自分の中で、かなり意識していることです。

3日やる。

その次の目標は30日(1ヶ月)。

それができたら3ヶ月。

ここまでで十分だと思います。もう、その後はできます。

100回っていうのもひとつの区切りですよね。これ、だいたい3ヶ月ってことです。

3という数字での区切り方は効果的です。

何かをやってみるとき、とりあえず30日は試すといいですね。

3日では良さに気づけません。30日ぐらいやったときに、少し効果が出ます。

そこで、次の3ヶ月を目指すか考えてもいいんじゃないかなと思います。

ここらでブログのデザインを変えてみたい

ってことで、次は3ヶ月を目標に頑張ってみようと思います。

たまに、あまりの忙しさに難しくなりそうなときもあるかもしれませんが、とりあえずは続けていこう。

ただ、ちょっとブログのデザインは、少し変えてもいいかなと思うので、またゆっくり考えます。