ブログ

36 サウナ ととのうとは何か

第36回「ととのうとは何か」

Hi,there!

サウナブームが来ていますね。自分も1年前ぐらいから最低でも週1ぐらいでサウナに入っています。

最初は同じ職場の人と行っていましたが、最近はひとりでもふらふら〜っと行きます。

今日も行ってきたのでそのお話。

サウナが流行っている理由

それは、何と言っても「ととのう」っていう体験をしたいからでしょう。

最初は、「ととのうって何だよ」って思っていましたが、実際その状態になると、はまってしまいますね。

頭がボーッとして、全ての毛穴から湯気が出るみたいな感じっていうのかなぁ。

とりあえず体が麻痺しちゃってるみたいな状態ですね。

と言っても、自分は感覚が鈍いのか、すごーくととのえているとは実は思えていないんですけどね。

ととのう状態への入り方

知らない人のために、簡単に説明しますね。

① サウナに8分ぐらい入ります。

② 水風呂に30秒ぐらい入ります。

③ 全身をタオルで拭きます。

④ 椅子に座ってボーッとする。2分ぐらい。

これだけです。

サウナに入っているときに、脳が「このままじゃやばい。助けてー!」みたいな指令を出します。

ってことで、全身熱い状態から、一気に水風呂に行くと、次は脳が「え、今度は寒い。助けてー!」ってなります。

熱くてやばい、寒くてやばいっていうのが、同時に体に起こっている状態にして、それで休憩するんです。

脳がおかしくなっちゃっているので、頭がボーッとします。

これがととのうってやつなんですね。

サウナは一番上の席が熱い

で、自分は感覚がおかしいのか、サウナ8分ぐらい余裕です。

やばい、助けてー!状態に全然なれないっていうか、15分ぐらい入っていればなれるんですけど、ちょっと長すぎる。

ってことで、一番上の席に座れたら座ります。

熱い空気は上に集まるので、最上段が一番熱くなっています。

サウナは3セットを目指す

このととのうっていうやつは、1回やって終わりじゃないんです。

これを2、3回繰り返すんです。

まぁ、何が言いたいかっていうと、時間がかかるんですよ。

サウナ1回で20分ぐらいは使うし、その後露天風呂なんかに入っていたら30分は余裕で超えます。

これを3回もやると、1時間半はかかります。

結局、銭湯に着いて、出るまでに、2時間以上かかっちゃうんですね。

いや〜長い。まぁいいんですけどね。

長い時間をどう使うか

せっかく2時間も使うんだったら、ここで何かをしたいわけです。

今自分がやっているのは、

サウナの中で瞑想!

サウナで座りながら、無になる練習をしています。

サウナ瞑想を何度も繰り返した後は、できるだけスマホも見ません。

リラックスタイムをそのまま家に持ち帰ります。

ブームにはとりあえず乗ってみる

何が言いたいのかよく分からなくなってきましたが、ブームには、とりあえず乗ってみればいいんじゃないかなと思います。

みんながハマる理由があるはずなので、それを感じられたらいいですよね。

サウナ用の水なんて物まで売っていて、思わず買ってしまいましたが160円ですよ。

しばらくこのペットボトルをネタで使ってみようかな。