ガジェット

【日記】キッチンで焼き肉をしていて

第70回「キッチンで焼き肉をしていて」

Hi,there!

家で、お肉を焼いてその煙が部屋中に飛び散る経験ありませんか。

先日、ホットプレートでお肉を焼こうか考えたんですが、煙が充満するのが嫌で、キッチンで焼き肉をしようと考えました。

狭い台所に、机を置いて、そこでご飯を食べていました。

それは良いのですが、その時に思ったことが、

火をつけっぱなしにしてると、ガスがもったいない!

と思いました。

その後、肉を焼いては火を消してを繰り返していたのですが、

よくよく考えれば、お店で肉を焼いている時は、火がつきっぱなしだよなと思いました。

価値観はバラバラ

この前の、銭湯で水を出しっぱなしにしているおじさんが怒っていたのもそうですが、人の価値観と言うのはバラバラであって、それをもったいないと思わない人もいっぱいいると思います。

世の中のSDGsの考え方は、つまりそういうことではないのかなと思いました。

現在、石油代は高騰していて、ガスも貴重な天然資源です。

家のキッチンで焼肉をしていて、初めてそういう気がしました。

世の中には、見えていないのだけれど、無駄になっていることがたくさんあります。

自分でお金を払ったものであれば、もったいないと思えるのに、定額で使いたい放題のものには、そういった意識がなくなりがちです。

無駄をなくしたい

こう言っている自分も、全てが完璧なわけでは無いのですが、なんだか地球に悪いことをしていることもあるのだろうなと考えるようになってしまいました。

地球規模で考えれば、1人の行いなんて本当にちっぽけな存在かもしれませんが、そういう人が増えていけば、いつか地球にも変化が起こるのかなと思いました。

誰かがしないから、自分もしないのではなくて、自分にできることを少しずつやっていくと言う考え方が、社会全体を少しずつ変えていくきっかけになるかなと思います。

学校の水道、電気、給食の残飯、いろんなところで少し考えればもったいないものはあると思います。

直接お金を払っているわけじゃないからいいと言う考えではなくて、意味のないものであれば使わないようにしたいなと思いました。