英語

【英語】 英検2級の英単語 紹介 反復しやすい構成

第72回「英検2級の英単語」

ある子と話していて、英検でもいつか受けようかなと思い、久しぶりに英単語帳を買いました。

abceedで、いくつかやってみて、この本がいいかなと思ったのが、英検2級の英単語でした。

やってみた感想を少し書きます。

高校卒業程度の難易度

内容は、大学受験をしていた人たちなら何となくわかるレベルです。

あまりにもわからない単語ばかりだと、心が折れてしまいそうですが、これなら頑張れそうです。

また、見たらわかるのに、頭の中では思い出せないと言うことがありますよね。

この英単語帳をやっていても、見れば分かるのに、自分の日常英会話の中では使えないような単語がいっぱいです。

日本人でいう漢検2級の漢字の意味を使えないのと同じなんでしょうね。

繰り返しやすい

それぞれの章のスタートに、1回目2回目3回目と記録するページが付いています。

1つの章も150個ずつというわかりやすい区切りなので、頑張れば1日で1つの章をやることができるでしょう。

ただ1日で150個もやる必要は無いので、少しずつそれを何度も繰り返して覚えていけばいいと思います。

あと、赤シートで隠すことは当然できますし、少し本を折りながらやれば、英単語だけで見ていけるので、暗記にはいいかもしれませんね。

無理やり難をつけるなら、例文を主語まで入れて作ってほしかったかな。

英単語はとにかく反復

英単語を頭に入れるコツは、とにかく何度も何度もやり直すことです。

頭に入っているか不安でも、何度も繰り返していれば必ず脳の中で残っていきます。

英文を読んでいるときに、自然にその単語が頭に浮かぶようにはなるので、見ているだけでもいいからたくさん勉強することをお勧めします。

1日に30個ぐらい覚えて、その後、1時間以内にもう一度30個覚えて、次の日新しい単語を覚えるときにもう一度確認する。ぐらいのペースが一番普通ですね。

さらに細かく復習をしたら、もっと覚えられます。

使える英単語にするために

自分がよく考えるのは、お題となる英単語をいくつか決めて、それを話の内容に無理矢理入れて独り言で喋ることです。

とにかく使える英語にしなければいけないので、英単語を習得したら、自分で下手くそでもいいから文章を作ってみましょう。

アクティブラーニングという言葉も聞いたことありませんか?

聞いているだけの学習と、自分で使える学習は、雲泥の差があります。

学校の授業、講演会、何でもそうですが、聞いているだけの状況でも、頭の中ではひたすら説明したり反復したり、いろいろアクティブに活動しましょう。

最後に

英検を考えている人は、必ず買った方が良いでしょう。

英検を受けないにしても、英語の勉強にはとても役に立つ一冊です。

ってことで、英語を一緒に勉強したい人募集します。