ブログ

【SDGs】プラスチック削減 持続可能の難しさ

第79回「スタバのプラスチック削減」

仕事の帰り道に、スタバに寄りました。

スタバっていつも混んでますね。

そこで、思わず二度見してしまった店員さんのミスを紹介します。

プラスチック削減

最近のスタバは、SDGsのためにか、プラスチック削減をがんばっています。

ストローも紙製のストローになりました。

最近は「蓋をつけないでもいいか」と聞かれるようになりました。

今、店内にはこういうお願いがあります。

蓋を間違えてつけた店員さん

ってことで、スタバで蓋いりますか?と聞かれたので、いいですよと答えました。

待っていると、無意識で店員さんが蓋をつけてしまいました。

あ、と思っていると、店員さんも気づいて、そのまま素早く蓋を外してゴミ箱に入れました。

えー!!!って思いましたね。

捨てちゃうなら、つけといてほしかった…

社長たちが考えても、部下がやらなければ…

ちょっと話が大袈裟になってしまいますが…

結局、会社の偉い人たちが「こういう取り組みをした方がいい!」と思って決めても、

若い社員や、バイトたちがそれを守ろうとしてくれないと意味がないんですよね。

みんなが「ちゃんとやろう!」と思えれば、会社はどんどんよくなるんだろうなって思います。

リーダーたちは、いろんな人をまとめないといけないので大変ですね。

自分もそう言う立場になって、いろいろ考えてしまいます。

完璧を求めすぎてもいけないし、お願いしたからと言ってうまくいくわけでもないので、リーダーとしてどう周りと付き合うかを、今後、もっと考えないと行けないと思います。

苦しかったときの話をしようか

ちなみに、読んでいた本は「苦しかったときの話をしようか」です。

これに関してはまた本の紹介で。

ただ、題名にある通り、すごく有名な人たちも「辛かったとき」があるということで、今、悩んでいる人も、これからいくらでも取り返せることを感じました。

期間限定商品

ちなみに今はメロンのフラペチーノが期間限定だそうです。

自分はドリップ(ブラック)しか飲まないので関係ありませんが。