ブログ

【安倍首相追悼】生きていれば何とかなる

第83回「生きていれば何とかなる」

1週間ブログから離れていました

ちょっと仕事が忙しすぎて、余裕がなかったです。

去年までとは違う仕事内容で、心の余裕が保てないなと感じています。

今が山場、なんとか乗り切ろうと思います。

ただ、金曜日に非常に悲しいニュースが入ったので、この土日は、いろいろ考えてしまいました。

安倍首相暗殺

安倍首相が打たれたのを知ったのは、事件が起こった30分後くらい。

職場の人が、大変なことが起こったと教えてくれて知りました。

さまざまなメディアで取り上げられ、コメントを書くことができるものもありましたが、

どのメディアでも、直後のコメントは、皆さんとても礼儀正しかった。

インターネット上のコメントは、いつも無責任で、言葉遣いが悪いと思っています。

本心を過激な表現で書く人が多くて、最近はコメント欄を見るのが嫌なんですが、今回のニュースは、皆さんが心から追悼の意を表していて、それだけ日本全体に悲しみが広がったんだなと思いました

ただ、ここからはあることないこと自由にまた言い始める人が出てきそうです。

警備の人を責める人たち

安倍総理の警備を担当していた人たちを非常に厳しく非難する人がいますが、もうすでに奈良県警の人たちは、今回の件に関してかなり厳しく振り返っていると思いますし、ここからさらに非難するのは違うのかなと思います。

言いたいこともわかるんです。それだけ悲しかったんでしょう。

ただ今後、警備がさらに厳重になることに、国民全体として認めていかなければいけないと言うことになります。そういった警備を、めんどくさいとか、わずらわしいとか、言ってはいけませんね。

悪い人が1人でもいると、こういうことになるっていうのが、大人の世界なのに、学校と全く同じですね。いや、学校よりも、社会は厳しいっていうことです。

あるコメンテーターが、危険物を買うときには身元を証明するものが必要にしたほうがいいと言っていましたが、無駄な手間が増えるだけで、本当に悪いことをしようと思っている人からしたら、捕まってもいいと思ってやっているので、そんな事は全く関係ない気がします。悪い人が全くいない世界…残念だけど、実現不可能でしょうね。

生きていれば何とかなる

まぁいろいろ言われていますが、今自分たちはちゃんと生きていると言うことをしっかり意識するべきです。

今回、こんな形で人が死んでしまい、大変ショックでした。

多少辛いこともあるけど、生きている限りなんだってできるんだろうなと思う土日でした。

だからこそ、人の命を奪う行為は、絶対に許されないなと思いました。