ブログ

【大雨】緊急時の行動 大雨で家に帰れないとき

第89回「大雨で家に帰れなかった話」

体調がずーっと下降気味。

なにかの病気かもしれない!

と言ったものの、めちゃくちゃ辛いというわけではないので、病院で精密検査をするとかはしないんですけどね〜。

さて、昨日の夜、外食をしていたらものすごい雨が降ってきて、帰れなくなってしまいました。

ある意味初めての経験がたくさんあったので、紹介。

ゲリラ豪雨は厄介

夜11時ぐらいまで外でご飯を食べていました。

平日&コロナの影響で、お客さんは少ないし、感染するような状況ではなかったので、安心してご飯食べてましたよ。

隣のテーブルっていうか、店の中に客が全然いなくて、ほぼ貸切状態だったので、むしろ安心な場所だと思っちゃいましたね。

まぁ、そんなことはさておき、そろそろ帰ろうか〜ってタイミングで雨が降り始めました。

5分後ぐらいには、ちょー土砂降りに…。

初めて駅で座りながら寝てた

11時半ぐらいの電車に乗るはずが、ずっと電車は止まっていて、夜中1時を過ぎても電車が動かず、途方に暮れてました。

途中までは、電車の中にいたのですが、乗るはずだった電車は、線路の点検用に動いていってしまいました。

仕方ないから駅の構内で座って寝てました。

なかなかしたことのない経験でしたね。外は土砂降りで、どうにもできないから、こうするしかありませんでした〜。

結局電車は1時間半ぐらい遅延

かなり待って、1時ぐらいになったら電車がきたかな?

終電からずいぶん経ってるから、どうなるんだろうと少し心配してたけど、なんとか帰れました。

しかし、電車が動き出したと思ったら、目の前で雷が3本落ちて、電車は緊急停止しちゃいました。

駅に着いても、大雨なんだけどね。

ずっと謝る駅員さんたち

ただ、思ったのは、駅員さんがずっと

「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」

って謝っていたんですよね〜。

駅員さん何も悪くないのにね。日本人だな〜って思いました。

駅員さんたちも、予想外の残業になっちゃって大変だろうに。

緊急時の行動って、大事だなって思いました。

こういうピンチのときに、助けてくれる人は本当にありがたい存在ですね。

自分も、誰かのピンチには率先して動きたいものです。